FOR IMMEDIATE RELEASE

寺田 央の当社チーフ・サイエンティフィック・オフィサー就任に関するお知らせ

モジュラス株式会社(代表取締役 木村 俊、本社:東京都千代田区)は、2018年1月2日付で寺田 央が当社のチーフ・サイエンティフィック・オフィサー(以下、CSO)に就任したことをお知らせいたします。

寺田氏は、アステラス製薬株式会社(以下、アステラス)にて約20年にわたり様々な疾患領域の研究開発とマネジメントの経験を有しています。モジュラス参画の直前には、アステラスの外部共同研究案件の探索と実行を担当する同社イノベーション・マネージメント部にてディレクターとして米国マサチューセッツ州ケンブリッジに勤務しておりました。これ以前には、同地のバイオテック企業であるMitobridge社にて、会社設立時よりアステラスのリエゾンとして初期創薬研究パイプラインの確立を担うなど、同社の450百万ドルの買収を成功に導きました。寺田氏は約20年の製薬業界でのキャリアを通して、25個以上の創薬研究プログラムの提案と主導を行い、4化合物の臨床開発入りに貢献しました。

当社おいては、CSOおよびチーフ・バイオロジストとして創薬研究パイプラインの確立と実行を主導する予定です。また同時に、計算科学チームと緊密に連携し、社内プログラムおよび社外協働のマネジメントを行います。寺田氏は東京大学にて修士号を取得後、東京医科歯科大学にて博士号を取得しています。

【モジュラス株式会社 代表取締役 木村 俊のコメント】
「寺田氏を当社のCSOとして迎えることに大変興奮しています。寺田氏の製薬企業とバイオテックにおける多数の創薬研究プログラムの提案・実行経験は、我々が前に進むために非常に重要な要素です。彼のリーダーシップの下、モジュラスの研究開発がさらに加速されることを楽しみにしています。」

【モジュラス株式会社 CSO寺田 央のコメント】
「最新の計算科学を駆使した創薬を目論むバイオテックであるモジュラスに参画できることを、大変楽しみにしています。大企業とベンチャー双方での創薬研究とネットワーク型創薬研究の経験を活かし、医療ニーズの高い疾患に対する革新的な医薬品候補の創出をさらに加速できることを確信しています。」

###

If you’d like more information about this topic, please email at info@modulusdiscovery.com

寺田 央の当社チーフ・サイエンティフィック・オフィサー就任に関するお知らせ
NEWS -

Press & Media Contact

Bitnami